コントロール出来るトラフィックを

皆様お久しぶりです。最近は法人のお客様も増えて忙しくなり、久々の更新になりました。

 

今回は「コントロール出来るトラフィック」というテーマでお伝えするんですが、これは提供する自社商品やサービスを持っている方、自社サービスをデジタル化したい経営者など、セールスファネルが出来上がってる人には特にオススメの記事になってます。

 

それでは

 

トラフィックというのはアクセスのことを差すのですが

 

トラフィックをコントロールして一定のデータを取り続けると、Webページの改善点が見つかり、どう売上げに繋げるのかが、数字で表されるようになります。

 

つまり逆にトラフィックが不安定になるということは、改善策も見えない、売上げの見込みも立ちません。

 

気合いを入れてホームページを作っても、渾身のランディングページを作っても、トラフィックが無いなんてのはよくある話です。

 

いやいや!SNS使ってフォロワー増やせばホームページとかランディングページ見てくれるだろ!と思うかもしれませんが、それはあまりにも浅はかです。

 

そもそもSNSでホームページやランディングページのURLをクリックしてくれる可能性って低いんです。

 

影響力もない、見た目もそれほど良くない、面白い投稿してるわけでもない、お店や商品の紹介ばかりのSNSに投稿されたURLを誰がクリックするんでしょう?

 

SNSでURLがクリックされるのは美女と見てくれの良い人だけです。

 

それ以外の僕みたいなオッサンとブサイクはちゃんと考えて形を作らないとURLはクリックされないし、まともな結果を出すことは出来ません。(言い過ぎました、、)

 

それ以前にSNSのクリックそのものがコントロール出来ないし今回のテーマとはかけ離れていますので、SNSのクリックについてはまた別の機会にお話しします。

 

それではコントロール出来るトラフィックとは何なのか?

 

それは、Web広告です。

 

YouTube広告、Google広告、Instagram広告、Facebook広告、Yahoo広告などがWeb広告です。

 

広告以外で正確なトラフィック数を毎日集めるのは不可能です。

 

広告はユーザーに表示された回数、リーチした人数、クリックしてくれた回数、何回同じ広告が表示されたか、などが全て数字で出ますので改善ポイントが分かります。

 

そうすると広告が悪いのか、リーチするユーザーが間違っているのか、Webページの作りが悪いのか、飽きられてるのか、全て数字で結果を計れます。

 

つまり、自分が用意したWebページ(HPやLP)にトラフィックが集まらない、Webサイトからの売上げが芳しくない方は、広告を出して数値を測ると改善点が見つかるということです。

 

ここまで話すと分かるかとは思いますが、広告を出すとすぐ見込み客が集まるとか商品が売れるのではなく、

 

広告を出し、数字を見て、改善を繰り返すことで適切な広告出稿が可能になり、マーケティングが成り立つんです。

 

コントロール出来るトラフィック、是非試してみてください(^ω^)

 

—————————————————————–

質問や要望はコチラのバナーから⬇️

https://lin.ee/j95dMcP

LINEアイコン

広告

新しいファネルスタイル

最近はセミナーで今までと違った形のマーケティングの方法をお伝えしてまして、

 

やはりまだ広まってないということで、皆さんかなり興味をもってくれます。

 

そのセミナーで僕がお話してる内容というのは「トリップワイヤーファネル」という考え方に広告を織り交ぜたものです。

 

トリップワイヤーファネルはデジタルであろうが、会社であろうが、お店であろうが、基本的には応用の効くものであることは間違いないですし、そこにWeb広告を付け加えたものなので、ビジネスをする人にはもってこいです。

 

でも、いまから何かを始めるとか、まったく何もしていない人が理解するにはチョット難しいのかな?なんて思っています。トリップワイヤーファネルは、あくまでもマーケティングの話なので商品やサービスありきで考えないとイメージが付きにくいからです。

 

んで、そもそもなぜトリップワイヤーファネルをみんなに教えているのかっていうと、今までのやり方よりもトリップワイヤーファネルの方が時代に合ってるし、関連する動画やサイトが少なく、情報が乏しいからです。

 

んで、このトリップワイヤーファネルと以前までのやり方で何が違うのか?というと

 

それは「顧客の獲得」を目的としているところなんです。

 

今までのマーケティングは見込み客の獲得が主で、いかにしてバックエンドの商品を売るか?というのを目的としてきました。

 

その結果何が起きたかっていうと、ライティングに基づいた煽るような宣伝、投稿が相次いで、中身のない商品やサービスを掴まされることが頻発してたんです。

 

でもここ何年かはそのやり方で売りを立ててた人も、SNSが台頭してきた今の時代に合わなくなってきてます。

 

そこでマーケットの最先端をいく海外に目を向けた時にスタンダードになってるのがトリップワイヤーファネルなんです。

 

とはいえ、

 

見込み客集めと、顧客集めの何が違うのか?結局は見込み客を集めないと顧客にもなってくれないんじゃないか?そう思う方も沢山いらっしゃると思います。

 

確かに見込み客集めをするのに変わりは無いんですが、トリップワイヤーファネルの場合は見込み客から顧客になる際の速さが全く違うんです。

 

これは「お金を払わない客は客ではない」というじつにシンプルな考え方に基づいています。

 

一見すると厳しい事を言ってるようですが、当たり前な考え方なんです。あなたがもしお店を経営していて、お金を払わない人を客と呼びますか?呼ばないですよね。

 

まずは安価でもいいから自社の商品やサービスを購入してくれるからこそ「お客様」なのではないでしょうか。

 

つまりトリップワイヤーファネルというのは「見込み客」から「顧客(お客様)」に変わりやすいように設計された考え方なんです。

 

さらにそこに広告を加えたやり方を皆さんにセミナーでお伝えしてます。

 

セミナー受講希望の方は、下にあるバナーから僕のLINEに【セミナー希望】とメッセージを送って下さい。

—————————————————————–

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

LINEアイコン

 

 

デジタルの常識はビジネスの非常識

コロナだなんだと騒がれてる中、僕のようなデジタルコンテンツを扱う者は、その影響をそれほど受けてはおりません。

 

それは、固定費がかからない。というのが要因の1つだと思ってますが、だからといってデジタルコンテンツすげぇだろ!ウェイウェイ🎵という話ではなく

 

逆にデジタルコンテンツを提供する人は、費用をかけてない人が多すぎるんですよって話。

 

たとえインターネットを軸にしたビジネスをするとしてもビジネスとして成り立たせる以上、ある程度の費用はかけて然るべきです。

 

大手企業ですらWebを使う中で広告費をかけているにも関わらず、名も知られていない一個人が努力だけでのし上がろうとするのはあまりにも無謀です。

 

でも「誰でも簡単に」「空いた時間で副業」「○○をするだけで」なんて言葉に踊らされて始めるからお金をかけるという概念もないだろうし、「稼げる」「儲かる」という言葉に誘惑されてるお金が無い人もいます。

 

それでも厳しいことを言うようだけど、やっぱりある程度の費用はかけなきゃいけない。

 

だって時間がいくらあっても足りないし、出せる手数に限界があるんだから。

 

学生だったり、独り身なら好きなだけビジネスに力を入れれるんでしょうが、

 

ほとんどの方は働きながらビジネスをしてるわけです。

 

でも働きながらビジネスするのってメチャクチャ大変じゃないですか?

 

商品を決めて、ターゲットを決めて、毎日夜遅くまでSNSにかじりついて発信、コメント、返信、記事作成などなど

 

毎日この繰り返しで、しかも圧倒的な量をこなさないと結果も出ない。

 

そんな時間ある人ってなかなかいませんよ。

 

根性論を語っても時間はみんな平等だし、どうしても弊害だってある。

 

そんな忙しい人だからこそ、基本に立ち返って費用をかけたビジネスをするべきです。

 

もし掛ける費用が無いというなら、セルフバックやって不要品販売して、無在庫物販やって費用を捻出すればいいんです。

 

そっから広告費用を使って情報を発信してデジタルコンテンツを提供するでもいいし、費用をかけて誰かから学んでもいい。

 

とにかく成果を早く出したいなら費用をかけることに躊躇しないことです。

 

個人でやるビジネスって、まだまだ費用をかける方が少ないので今のうちに費用をかけておけば間違いなく成果を出すスピードが違います。

 

では個人が何に費用をかけるべきか?といえば、広告です。

 

そもそも広告というのは、自分のビジネスの「ターゲットへのインプレッション(表示回数)」が上がります。

 

SNSと広告の大きな違いはここなんです。

 

SNSは自分のターゲットに対してインプレッションが出来てるのかが分からない。

 

つまりちゃんと自分の情報がターゲットに届いてるかっていうのを計ることが出来ないんです。

 

だからSNSでいくらいいね数、コメント数、リツイート数が多くても全くマネタイズ出来ない人だっているし、ブログだって50万PVあっても収益出ない人だっている。

 

とにかく自分の情報をターゲットに届けないとマネタイズなんて到底無理なんです。

 

広告っていうのはそのターゲット設定を指先1つで設定してしまう。SNSで何時間も何日も何ヵ月もかけてやっと構築する仕組みを指先1つで終わらせるんです。

 

物凄く効率的だと思いませんか?

 

費用を掛けることで、何ヵ月という時間を短縮する。

 

その時間があったら、マネタイズしたり、他の作業したり、計画を練ったり、コンテンツ作ったり、家族と過ごしたり、ゆっくり休むことだって出来るんです。

 

お金は無限だけど時間は有限です。

 

是非広告を使ってみてください。

是非デジタルにこそ費用をかけてください。

 

P.S.

GW中は広告マーケティング個別セミナーをしています。

✔️ 広告のやり方

✔️ コンテンツの作り方

✔️ 広告を出す前に用意するもの

✔️ 広告予算の決め方

✔️ 広告費用の捻出アドバイス

などなど

 

その他たくさんアドバイス出来ることがあるかと思いますので是非気になる方はセミナーを受けてください。セミナーはオンラインで行いますので、ご都合の良い日時をお知らせください。

 

ちなみに5月4日の日中まで埋まってますので、少しでも気になる方は早めの連絡をお願い致します。

 

セミナー希望のメッセージは下にあるバナーから僕のLINEにメッセージを送って下さい。

—————————————————————–

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

LINEアイコン

 

ナマケモノが勝つ

Facebook広告、Google広告、Youtube広告、Instagram広告、LINE広告、Amazon広告、YDN広告、などなど、、、

 

広告といってもいろんな広告があって、どれがいいのかも分からないと思いますし、そもそも広告ってなんのために使うかすら分からない人も沢山います。

 

広告というのは、主に必要としてる人の目に触れるために使うものであって、その時によって使える広告を使えばいい。

 

ちなみに僕はFacebook(Instagram含)とGoogle(Youtube含)両方使ってます。

 

なんで両方使うかっていうと

 

一方で広告が出せなくても、一方で広告が出せるから。

 

不思議な話なんですけど、Facebookでは広告が出せるけどGoogleでは広告が出せないってことは結構あるんです。その逆も然りで、、、

 

だから両方使えるようにしてます。

 

両方を使うなんて普通はやらないけど、それだけ広告っていうのは効果がデカイ。

 

ところが、その広告が最近はスゴく審査が厳しくて、アダルト系や人を傷つける内容は当然ながら、MLMや表現が胡散臭いものも完全にアウトだし、とにかく真っ当な内容じゃなきゃ広告は出せない。

 

確かに変なものを出せばプラットホームとしての信頼性が失われるから当然の流れといえば当然の流れだし、効果が大きいだけに変なものは出せないというわけです。

 

んで、そもそも

 

なんで僕がこれだけ広告の話をちょいちょい出すかというと、僕自身がかなりのナマケモノだからなんです。

 

僕は毎日同じ作業するのが本当に無理だし、やりたいことしかしないっていう厄介な性格で、ビジネスの為に1日の大半を取られるっていうのが本当に我慢出来ない。

 

好きなことをして好きな人と関わっていくためにビジネスをしてるのに、それがまかり通らない現実っていうのは受け入れられない。

 

広告を使うと毎日のノルマみたいなものがなくなるし、自分の好きな人を選んで、自分の価値観と合う人と関りを持てる。

 

それが出来るから広告を使ってるんです。

 

自分の好きなことをして、好きな人と関わって生活出来るなら

 

これほど素晴らしい生活は無いんじゃないでしょうか。

 

コレをやれば儲かるとかアレをやれば稼げる、なんて小さい事を考えちゃいけない。

 

みんな自分の好きなように人生を送るためにビジネスをしてるはずです。

 

「自分の好きな人生送るために効率的なものを選択する」これって至極当然なことだし、別に特別な事でもありません。

 

自分のしたいことを決めて、広告打って、成果を出して、楽しくすごす。

 

出来ない人なんていない、やらないだけ。

 

ナマケモノこそ広告を使おう。

 

 

効率のいい広告運用、広告を使って効率的にビジネスを構築したい方は、下記LINEまで「広告マーケティング」とメッセージをお願いします。

あなたに合ったビジネスの提案を無料コンサルティング致します。

http://nav.cx/cJvGd2Q

 

スタンダードにとらわれるな

売り上げを出し、利益を得るために何が大事か?

 

速攻で「集客!」なんて答えが沢山聞こえてきそうですが、、

 

それ以前に必要な人の目にいかにして自分の商品を触れさせるか?が大事で、必要な人にアピール出来なきゃ集客も何もない。

 

広告っていうのは、自分の商品を必要としてる人に意図的にアピールすることが出来る唯一の媒体です。

 

だから広告を使うと売り上げが立ちやすいし、継続的に売り上げが伸びる。

 

でも最初から広告にお金を使うのはイヤだし、まずは資金を貯めてから、、、って思うかもしれないけど、

 

逆です。

 

最初だから広告を使わなきゃいけない。

 

インフルエンサーでもない限りSNSでの影響力なんて皆無だし、毎日真面目に何かをしてるなら、それこそ必要な人に早く広めるべきです。

 

早めに広告を使って自分のことを広めれば自ずと結果は付いてくるし、資金も貯まる。

 

何でもかんでも無料でやるんじゃなくて、最初だからこそ費用をかける。

 

スタンダードにとらわれちゃいけない。

 

逆説的に考えないと。

 

問い合わせはコチラ⬇

http://nav.cx/cJvGd2Q

広告と成約

広告を使えば売り上げが上がる。というわけではなく、広告はあくまでも集客を効率的にするものでしかありません。

絶対に広告を使って直接売り上げを出すのが無理!というわけではないですが、

つい3ヶ月くらい前にYahooで広告を使ったアフィリエイト禁止の取り決めが為されたことを考えると、やはり広告で直接商品やサービスを売るのは今後ますます厳しくなってくると思います。(ECサイトや企業の広告は別)

ですから、広告を出すなら無料オファーを何にするか?どんな人に向けて、どんな言葉を投げかけるか?を考えて集客に特化しないと、これから先広告を使うことは難しいです。

ちなみに、最近GoogleもFacebookもかなり早いスパンで規約の変更や審査の厳格化が進んでいるので、広告を使って直接販売を促すのはいずれ淘汰されるのではないか?という懸念があります。

そうなると、広告の本質的な使い方はやはり集客ということになります。

検索、ディスプレイ、リーチ、トラフィック、コンバージョンなど様々な広告がある中で、どれが良いとか、どれが必要ない、というのは一概に言えないのですが、

やはりまずは自身のビジネスに合った広告を運用し、集客してから成約に結び付けて売り上げを出すというの流れを身につけることが、長期に渡って成果を出し続けるカギとなります。

何度も言いますが広告はあくまでも集客目的です。

成約に結び付けるためには、ビジネスに合ったクロージングの形が必要になりますので、広告だけに特化しても売り上げは上がりません。

ということで

もしご自身のビジネスで

○広告を使いたい

○広告は使ってるけどクロージングがなかなか出来ない

○広告も使いたいしクロージング率も上げたい

など悩みや要望がありましたらメッセージを下さい。

===================

メッセージは下記LINEまで。

LINE:https://line.me/R/ti/p/%40mmf5918d

ID:@mmf5918d

最新情報の受け取りはコチラから。

メールマガジン:https://mail.os7.biz/add/MMBL

===================

followme!

twitter

Facebook

https://www.facebook.com/Satoshi.Ihigaki/

instagram

https://www.instagram.com/ishigakis/?hl=ja