日進月歩の広告プラットホーム

 

広告はお金を払えば簡単に出せる。

なんて思ってるとすれば、それは大きな勘違い。

 

広告は誇大広告を抑制する取り決めがあり、マルチ商法のような「必ず○○できる」や「誰でも○○になれる」という提示の仕方は広告サイト側から承認を得ることは出来ません。

例え100%誰でもその目的が達成されるとしてもです。

 

あくまでも個人差は必ずある。という前提のもと広告を作成しないといけません。

 

世に溢れてる様々な商品やサービスは、必ずその効果が得られるか?といえば決してそうではありません。

人それぞれ捉え方や取り組み方、得られる効果というのは差があるんです。

 

例えば

「○○をすれば必ずお金を稼ぐことが出来ますよ」という提示をしたとします。

 

自分としては完璧なノウハウを提供したとしても受けとる側の、捉え方・スキル・生活リズムというのは提示する側には把握出来るものではありません。

 

効果を得られるのか得られないのかは受け取った側に委ねられることになりますから、受け取る側の諸々の事情を鑑みるだけでも個人差は必ず生まれるということになります。

 

ですから「必ず」「誰でも」というのは誇大広告やマルチ商法に当てはまってしまう。

 

では誇大広告やマルチ商法に当てはまらないようにするにはどうするか?

簡単に言うと、免責事項を付け加えることが必要になってきます。

 

免責事項というと難しく思うかもしれませんので簡単な例を挙げると

通販番組で「効果には個人差があります」という表記を見かけることがあります。それと一緒で、商品サービスの効果に限定性を設けるということです。

 

限定性というのは、広告に限らずどんな形態のビジネスでも非常に重要な要素になってきますので

限定性=コンセプトメイキングと思って頂いても結構です。

 

コンセプトメイキングがしっかりしていなければ商品サービスを提供することは出来ません。

欲張ってコンセプトから外れて、あんな人にもこんな人にも・・・なんてことを考え出したら全く成果を上げることは出来ないでしょう。

 

つまり限定的な人に向けて発信するからこそ商品サービスを手にとってもらえるわけで、限定した人以外を相手にするのは、ただの欲張りでしかない。

欲張ったが故に、誇大広告だマルチ商法だと言われ、全く売り上げも出ないわけですからコンセプトメイキングを大事にしないといけないし、一度立てたコンセプトは崩してはいけないんです。

 

ということで「コンセプトメイキングをしっかり固めて、限定的な人以外には効果が無い」ということを明確に記しておくことで免責事項の役を果たすということになります。

 

広告のプラットホームは、広告費用を得るために粗悪な広告を排除したり、操作性を向上したりと信用を高めるために日々様々な改善を行っていますので、頻繁に仕様変更が行われています。

 

しかしこれから収益を伸ばしていくためには欠かせないツール(強者の戦略)であることは間違いありません。

 

たとえ少額でも構いませんので、今からでも広告を出すことに慣れておくことをオススメします。

 

もし宜しければ、この記事にいいね、シェア、ツイートをお願いします(*´∀`)♪

 

P.S.

・広告を使ったビジネスを構築したい。

・インターネットを使ったビジネスに関しての質問や相談をしたい。

 

その他諸々の質問や相談はLINEへ直接連絡をください。

個別に対応します。

コチラをクリック

 

P.P.S.

自分なりの仕事をしたいんだけど、

・こんなことを知りたい!

・こういうことをしたいんだけど、どうだろう?

・こんなことで悩んでいる!

など有りましたら、こちらもLINEまでご連絡下さい。

==================

 

メルマガやLINEから僕に連絡してくれれば、インターネットを使って仕事するためのコンサルを無料で行います。コンサルを受けた方は「自分に合ったビジネスが見つかった」「ビジョンが明確になった」など大変好評を頂いてますので、是非コンサルを体験して下さい。

LINE:https://line.me/R/ti/p/%40mmf5918d

ID:@mmf5918d

メルマガに登録すると、ネットビジネスに関する最新情報をいち早くお届けしますので、是非ご登録ください。

メールマガジン:https://mail.os7.biz/add/MMBL

===================

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください