大失敗がネタになる

誰しもが失敗したくないだろうし、失敗して生活リズムを崩したくないのは十分理解してる。

 

けど他人からしてみたら失敗ほど面白いネタはない

 

「他人の不幸は蜜の味」とはよく言ったもので、人の本来もち合わせてる何とも言えない部分ではあるんですけど、、、

 

そうやって失敗した人を「だからそんなことしなきゃよかったのに」とか「失敗して当たり前」とか「バカだなぁ、、、」とか、いろんなことを思い、自分の立ち位置を再確認し、優越感に浸る

 

自分の方がまともだ、って

 

でもね、

 

失敗した人がそれで終わったかどうかなんて分からないわけで

 

失敗した人でも、そこから沢山のことを学んで絶対に同じ失敗はしない人もいるし、失敗からヒントを得て飛躍する人もいる。

 

しかもそんな失敗から成功へ歩む道のりを見せれたら、そのストーリーに共感する人は必ず現れる。

 

だから失敗ほどおいしいネタはない。

 

成功する人は、失敗から学び、別な方法でやり直す

なんて言葉があるぐらい成功する人っていうのは必ず何かしらの失敗はする。

 

そうは言っても守るものがあるから自分の手の届く範囲で、自分が安全でいられる場所で、失敗しないようにするかもしれないけど

 

でもそれじゃ、成功はないんです。

 

勘違いしないでくださいね、決して失敗しろと言ってる訳じゃないんです。

 

失敗を恐れて何もしないなら、何も変わらないんだよ、という話。

 

失敗すら多くの人に見せ、こんだけ失敗してんだっておおっぴらに拡散できる時代だからこそ、そこからの成功は多くの共感を呼ぶ。だから失敗したからといって悲観する必要なんてない。

 

こういう話をすると、

 

そんな失敗だの成功だのを拡散したりしたら身バレして大変だって人が結構いるんですけど、

 

正直なところ言うと

 

バレるような状態になるくらいなら、それ1本でメシが食える状態です。

 

他人は思ってる以上に自分以外に興味なんかないんだから、あなたが何をしていようがどうでもいいんです。

 

身バレ?仕事が危うくなる?いやいや、

 

うぬぼれちゃいけない。

 

そこまでになるなんて到底無理。

 

むしろ身バレしてこれ1本にしました。って言えたら

 

失敗と成功、両方のエピソードを手に入れたことになるから結果的に成功続きになる。

 

——————————————————————–

「自分に合ったビジネスの作り方」に興味があれば【自分らしいビジネスを知りたい】とメッセージをどうぞ。公式LINEに連絡をくれれば作り方を無料でお教えします。

さらに特典として200個以上(100万円相当)のビジネスで成果を上げるためのレポートをプレゼントします。

 

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

LINEアイコン

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください