ニーズと需要はニッチを狙え

ニーズと需要というのは昔から変わらなくて、人の悩みは4つしかないと言われています。

 

お金、人間関係、健康、夢、この4つです。

 

この中に全ての悩みが集約されていて、さらにその奥に先日お伝えしたニーズと需要があります。

 

そして、そういったニーズと需要を考える上で外してはならないのがターゲットです。

 

ターゲットが見えてないからニーズと需要っていきなり言われても自分に出来るのかも分からないし、自分がビジネスとして取り組めると思うものも無い。

 

それから、ビジネスっていうのは、簡単に言うと理想と現実のギャップを埋める為のお悩み解決なんです。

 

つまり「ターゲットのお悩み解決」というのがビジネスになります。

 

なのでまずは悩みを抱えてるターゲットを決めないといけません。

 

では悩みを抱えているターゲットをどうやって見つけるか?というと、

 

それは

 

「自分」を基準にすることです。

 

自分は何に悩んでいるのか?自分は何に困ってるのか?自分は何をしたいのか?自分は普段何を考えているのか?

 

とにかく自分を基準に先日お伝えしたニーズと需要をもう一度確認してみてください。

 

これやってみたい、これを知りたい、これって何なんだろう、こういうのやってみたい、などなど

 

先日チラッと見た時とは違って見えてくるのではないでしょうか。

 

じつはそれって、あなたと同じ性別、年齢、環境の人が感じる想いと一緒です。

 

つまり、

 

自分と同じ性別、年齢、環境の人をターゲットにすると、価値観が一緒なのでビジネス化しやすいんです。

 

でも本当にそんなんでビジネスをして大丈夫なのか?と心配になるかもしれませんが全く問題ありません。

 

個人でビジネスをする場合は※ニッチであればニッチであるほどいいです。

(※ニッチ:多くの人がターゲットとしない隙間)

 

そうじゃないと資本を多く持っていたり、シェアを取っている企業と同じ土俵で戦わなければいけなくなるし、顧客の奪い合いにもなるので、そこで勝負するのは賢くありません。

 

ですから、まずはあなたの悩みや興味をベースにしたニッチな所で勝負することが成功への第一歩となります。

 

どうしてもビジネスというと何千万、何億という単位で稼ぐことをイメージしがちですが、個人レベルでビジネスをするのであれば、まずは数万円単位で成果を出していき、後々金額を上げていくことで経済的にも時間的にも自由が利くようになります。

 

これが自分を基準にしたビジネス構築の第一歩となります。

——————————————————————-

LINEに【Webビジネスを知りたい】とメッセージを送って頂ければ、あなたにピッタリのビジネスを無料で提案します。

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

LINEアイコン

 

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください