新しいファネルスタイル

最近はセミナーで今までと違った形のマーケティングの方法をお伝えしてまして、

 

やはりまだ広まってないということで、皆さんかなり興味をもってくれます。

 

そのセミナーで僕がお話してる内容というのは「トリップワイヤーファネル」という考え方に広告を織り交ぜたものです。

 

トリップワイヤーファネルはデジタルであろうが、会社であろうが、お店であろうが、基本的には応用の効くものであることは間違いないですし、そこにWeb広告を付け加えたものなので、ビジネスをする人にはもってこいです。

 

でも、いまから何かを始めるとか、まったく何もしていない人が理解するにはチョット難しいのかな?なんて思っています。トリップワイヤーファネルは、あくまでもマーケティングの話なので商品やサービスありきで考えないとイメージが付きにくいからです。

 

んで、そもそもなぜトリップワイヤーファネルをみんなに教えているのかっていうと、今までのやり方よりもトリップワイヤーファネルの方が時代に合ってるし、関連する動画やサイトが少なく、情報が乏しいからです。

 

んで、このトリップワイヤーファネルと以前までのやり方で何が違うのか?というと

 

それは「顧客の獲得」を目的としているところなんです。

 

今までのマーケティングは見込み客の獲得が主で、いかにしてバックエンドの商品を売るか?というのを目的としてきました。

 

その結果何が起きたかっていうと、ライティングに基づいた煽るような宣伝、投稿が相次いで、中身のない商品やサービスを掴まされることが頻発してたんです。

 

でもここ何年かはそのやり方で売りを立ててた人も、SNSが台頭してきた今の時代に合わなくなってきてます。

 

そこでマーケットの最先端をいく海外に目を向けた時にスタンダードになってるのがトリップワイヤーファネルなんです。

 

とはいえ、

 

見込み客集めと、顧客集めの何が違うのか?結局は見込み客を集めないと顧客にもなってくれないんじゃないか?そう思う方も沢山いらっしゃると思います。

 

確かに見込み客集めをするのに変わりは無いんですが、トリップワイヤーファネルの場合は見込み客から顧客になる際の速さが全く違うんです。

 

これは「お金を払わない客は客ではない」というじつにシンプルな考え方に基づいています。

 

一見すると厳しい事を言ってるようですが、当たり前な考え方なんです。あなたがもしお店を経営していて、お金を払わない人を客と呼びますか?呼ばないですよね。

 

まずは安価でもいいから自社の商品やサービスを購入してくれるからこそ「お客様」なのではないでしょうか。

 

つまりトリップワイヤーファネルというのは「見込み客」から「顧客(お客様)」に変わりやすいように設計された考え方なんです。

 

さらにそこに広告を加えたやり方を皆さんにセミナーでお伝えしてます。

 

セミナー受講希望の方は、下にあるバナーから僕のLINEに【セミナー希望】とメッセージを送って下さい。

—————————————————————–

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

LINEアイコン

 

 

広告