コントロール出来るトラフィックを

皆様お久しぶりです。最近は法人のお客様も増えて忙しくなり、久々の更新になりました。

 

今回は「コントロール出来るトラフィック」というテーマでお伝えするんですが、これは提供する自社商品やサービスを持っている方、自社サービスをデジタル化したい経営者など、セールスファネルが出来上がってる人には特にオススメの記事になってます。

 

それでは

 

トラフィックというのはアクセスのことを差すのですが

 

トラフィックをコントロールして一定のデータを取り続けると、Webページの改善点が見つかり、どう売上げに繋げるのかが、数字で表されるようになります。

 

つまり逆にトラフィックが不安定になるということは、改善策も見えない、売上げの見込みも立ちません。

 

気合いを入れてホームページを作っても、渾身のランディングページを作っても、トラフィックが無いなんてのはよくある話です。

 

いやいや!SNS使ってフォロワー増やせばホームページとかランディングページ見てくれるだろ!と思うかもしれませんが、それはあまりにも浅はかです。

 

そもそもSNSでホームページやランディングページのURLをクリックしてくれる可能性って低いんです。

 

影響力もない、見た目もそれほど良くない、面白い投稿してるわけでもない、お店や商品の紹介ばかりのSNSに投稿されたURLを誰がクリックするんでしょう?

 

SNSでURLがクリックされるのは美女と見てくれの良い人だけです。

 

それ以外の僕みたいなオッサンとブサイクはちゃんと考えて形を作らないとURLはクリックされないし、まともな結果を出すことは出来ません。(言い過ぎました、、)

 

それ以前にSNSのクリックそのものがコントロール出来ないし今回のテーマとはかけ離れていますので、SNSのクリックについてはまた別の機会にお話しします。

 

それではコントロール出来るトラフィックとは何なのか?

 

それは、Web広告です。

 

YouTube広告、Google広告、Instagram広告、Facebook広告、Yahoo広告などがWeb広告です。

 

広告以外で正確なトラフィック数を毎日集めるのは不可能です。

 

広告はユーザーに表示された回数、リーチした人数、クリックしてくれた回数、何回同じ広告が表示されたか、などが全て数字で出ますので改善ポイントが分かります。

 

そうすると広告が悪いのか、リーチするユーザーが間違っているのか、Webページの作りが悪いのか、飽きられてるのか、全て数字で結果を計れます。

 

つまり、自分が用意したWebページ(HPやLP)にトラフィックが集まらない、Webサイトからの売上げが芳しくない方は、広告を出して数値を測ると改善点が見つかるということです。

 

ここまで話すと分かるかとは思いますが、広告を出すとすぐ見込み客が集まるとか商品が売れるのではなく、

 

広告を出し、数字を見て、改善を繰り返すことで適切な広告出稿が可能になり、マーケティングが成り立つんです。

 

コントロール出来るトラフィック、是非試してみてください(^ω^)

 

—————————————————————–

質問や要望はコチラのバナーから⬇️

https://lin.ee/j95dMcP

LINEアイコン