だれも教えてくれないセールスのポイント

先月、Twitterでお伝えしていた「最新海外マーケティングノウハウ」の配布をしました。

 

デジタルマーケティングを主とした内容なので、会社やお店のマーケティングに流用するにはちょっと手を加えないと分からない部分はあるのですが、基本的な考え方は一緒なので受け取った方は遠慮せず質問頂ければと思います。

 

さて、今回はセールスのお話です。

 

セールスというのはマーケティングの後に行う販売行為のことなんですが

 

マーケティングのノウハウというのは検索すると山ほど出てくるんですけど、セールスのノウハウってほとんど出てきません。

 

これなぜかっていうと、実はセールスの方法って昔からほとんど変わってないからなんです。

 

それにFacebook・Instagram・Twitter・Podcast、YouTube、ブログ、Tik Tokなど、それぞれの媒体を使いこなすマーケティング手法を発信した方が、時代の潮流に乗ってる感じがして見映えがいいのでなおさらセールスの話なんて誰もしない。

 

だからこそセールスに関する情報というのは非常に少ない。

 

ところが

 

残念なことにいくらマーケティングがうまくいってもセールスに問題があって成果が出ない事があります。

 

典型的なのが、集客してから電話セールス・対面セールス・ウェビナーからバックエンド商品の販売を促すというセールス方法。

 

これが悪いやり方だという話ではなく、直接話しが出来るし相手の反応も伺えるから売れやすいことは確かなんです。

 

確かなんですが、

 

こういうのって当てはまるお客さんと、当てはまらないお客さんがいるんです。

 

ここで大事なのがオーディエンスの温度です。

 

オーディエンスの温度というのは「ゴールド・ウォーム・ホット」の3つに分けられます。

 

まだコチラに興味を持ったばかり、自分の問題が何かも分かってない方を「コールド」

 

商品を買ったことがある、サービスを受けたことがある方を「ウォーム」

 

あなたの事を知っていてもっと商品が欲しい、サービスを継続的に受けたい方を「ホット」

 

こんな感じで分けられるんですが、例えば

 

今あなたは10000円の商品を持ってるとします。商品の存在は知らないけど何となく面白そう、興味があるというお客さんが来てくれた段階で、この10000円の商品をセールスして、果たしてその商品を買うでしょうか?

 

これ、絶対と言っていいほど買わないんです。

 

まぁいくら頑張っても100人中1人です。コールドなお客さんだから。

 

つまり集まってるお客さんの温度というのは非常に大事で、その温度によってかける言葉は変えなければいけません。

 

コールドなお客さんにはセールスをかけるよりも問題を提起しないといけないし、その問題を解決するための提案をしなきゃいけない。

 

しかもこのタイミングで提供するべき商品は10000円のものではなく、誰でも手に入れられそうな価格の商品を提供しなければいけません。

 

そうすることで10000円の商品が売れるようになるし、最終的には10000円の商品+その他の商品も売れるようになります。

 

だからセールスは、いかにしてコールドなお客さんをウォーム(温かい)状態にするかが重要なんです。

 

配布したノウハウにはセールスに関しての記述はしてませんのでここで補足させて頂きました。

 

もしこの記事を見ている方で、数万円~数十万円の高額商品を売りたいという方は、お客さんの温度によって提供する商品を変え、お客さんに合った商品を提供していくことでバックエンドの高額商品を売ることが出来るようになります。

 

自分のビジネスに合ったセールスを知りたい方は、この下のバナーからご連絡ください。

その他、質問がある方もお気軽に♪

 

ではまた( ´∀` )

 

—————————————————————–

質問や要望、メッセージはコチラのバナーから⬇️

https://lin.ee/j95dMcP

LINEアイコン

広告

キーワードも文字数も無視してブログを書いて収益を上げるにはコレ

僕に連絡をくださる皆さんには、ブログを書きましょうと必ず言います。

 

しかもキーワード選定とか文字数とかは気にしなくていいというお話もあわせてしています。

 

ただ勘違いしてほしくないのが、キーワードや文字数が大事じゃないというお話をしてるのではなく、ブログで売りを立てる必要が無いならキーワードや文字数が必要なブログを書く必要は無いということなんです。

 

アドセンスやアフィリエイトなどブログにアクセスを集めて、ブログで売りを立てるというならキーワードや文字数は必要になります。

 

話を戻しまして

 

そもそもブログというのはキーワード選定や文字数が大事なのではなく、続けることが大事なんです。

 

しかし、結果を求めるあまりキーワードや文字数にこだわりをもってしまうと、キーワードを散りばめた不自然な文章になったり、文字数を稼ぐ為の文章になったりと、自分の意図した内容と異なりすぎて続けることが困難になってしまうんです。※これは僕自身経験してます。

 

だからブログで意識するべきは、まず続けること。これだけ意識していればOKです。

 

んで、そこからどうやってブログを書いてマネタイズしていくかというと

 

まずTwitter・Facebook・インスタ・Youtube・Web広告で自分の書いた記事を広めて、ブログでは自分の考えてること、大事にしてるマインド(意識・気持ち)、持っている情報、知識、成功体験、実績、を日々書き続けていく。

 

ブログを書き続けてる間はTwitter・Facebook・インスタで投稿やツイートをしつつ、コメントやリプをする。Youtubeには投稿しつづける、広告はデータを毎日見て改善していく。

 

そうすると、ブログのアクセス数もアップし、継続的に閲覧してくれる人が増え、問い合わせが増え、収益が上がってきます。

 

ただTwitter・Facebook・インスタ・Youtube、それぞれの媒体によって使っている年代が違うので価格帯や内容によっては思うように成果が出ないものもあるかもしれませんが、それでも全て使っておいて損はありません。Web広告に関しては全ての年代に対応可能です。

 

まとめると

SNSや広告で広めたい記事やLPを拡散する

日々のブログ記事や過去記事を読んでもらい理解を深めてもらう

理解が深まるとユーザーに行動が起きて、収益に繋がる

 

これがマネタイズの大筋となります。

 

でもこれはあくまでも大筋であって、生活スタイル、やりたいこと、得たい金額、商品単価、サービス価格というのは人によって様々なので、ところどころ調整する必要がありますので、もし自分に合ったスタイルを作りたい方は個別に連絡を頂ければと思います。

 

ということでマネタイズの方法を申し述べましたが、特別に何か突飛な事をしているわけではないのがお分かりでしょうか?つまり細かいことの積み重ねが結果を招くということなんです。

 

逆にトレンドを取り入れないからこそ、時代が変わっても滅びない方法とも言えます。

 

どうせやるなら長く成果の出る事に取り組んだ方がいいし、自分のスタイルを作って好きなように生活できる方が絶対に幸せなんです。

 

個別のメッセージは、下記LINEか僕の個人SNSからどうぞ。

LINEアイコン

結局どんなビジネスをすればいいのか?

あれが稼げる、これは稼げると様々な情報が雪崩ののように流れ込んでくる今の時代、

 

確かなビジネスなのかどうなのか判断するのってハッキリ言って難しいです。

 

とはいえ、自分で何かをして、収入源を増やしたいと思ってる人も少なくないはずです。

 

そこで、結局のところ収入源を増やすために、どんなビジネスがいいのか?ってところに今回はフォーカスしていきます。

 

んで、やるべきビジネスなんですが、

 

ハッキリ結論から言っちゃうとなんでもいいです。

 

会社を立てようが、お店を出そうが、YouTuberであろうが、なんでもいいんです。

 

だって売る方法とかお金を稼ぐ方法なんてものはゴマンとあるし、人それぞれやり方も違うから方法論的なものなんてそれこそ数えきれないくらいある。

 

だから極論を言うと何をしても結果的には成功するんで、コレをやればウン万円稼げるとか、これはウン十万儲かるとか、あの方法で、この方法でとか考えなくていいんです。

 

だけどやるのであれば、

 

好きなことをした方がいいです。

 

んで、「好きなこと」とか言うと、好きなことなんて何もねーよ!いいから儲かる方法教えよろよ!って、なるかもしれないんですけど

 

「好きなこと」っていうのは、大好きなことじゃなくても、当たり前にやっている事であったり、大事にしている事であったり、そういうものでもいいんです。

 

んで、なんでそういうのがビジネスになるのか?っていうと、これにはちゃんとした理由があって

 

ビジネス化するためにやる事って決まってるからなんです。

 

そのやる事っていうのは、

 

どうやって必要としてる人の目に触れて

どうやってコミュニケーションを取って

どうやって提供するのか

 

この3つです。

 

この3つを体系化したものがビジネスなので、これに当てはめれれるならなんでもいいです。

 

たとえば自分が人よりちょっとポジティブなら、自分のこの前向きな考え方を必要としてる人ってどんな人だろう?とか

 

今までずっと礼儀、礼節を大事にしてきたなら、礼儀や礼節を必要としてるしてる人はどんな人なのか?とか

 

そういった必要な人とかオススメしたい人を決めて、その人達に自分をアピールするために何を使って、コミュニケーションを取るためには、会うのか?話すのか?メッセージのやり取りなのか?とか

 

そういった流れも沢山試しながら自分らしいビジネスを作り上げる。

 

それが「好きなことをビジネスにする」ということです。

 

自分の好きなこと、大切にしてることを体系化してビジネスにしたい方は、ご連絡を。

——————————————————————–

Webを使ったビジネスを知りたい方はLINEに【Webビジネスを知りたい】とLINEにメッセージをどうぞ。Webを使ったビジネスとはなんなのか?を無料でお教えします。

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

https://lin.ee/j95dMcP

LINEアイコン

 

仕事とお金と時間の話

仕事での人間関係とか、給料とか、ストレスなどなど、そういったものを我慢する理由って、やっぱり給料ですよね。

 

給料が無いと食べていけないし、光熱費払えないし、支払いも出来ないですから、生活で大事なのはお金です。

 

でも人生において大事なものってお金じゃないと思ってるはず。

 

好きな人といる時間、趣味の時間、自分を磨く時間、友人と過ごす時間、子供と遊ぶ時間、孫と戯れる時間、遊ぶ時間、旅行する時間など、自分が好きに出来る時間が大事。

 

んで、自由に出来る時間を増やすにはギリギリの生活ではダメだから、お金が必要になりますよ?って現実を突きつけると

 

今の生活の中での、ちょっとした自由に出来る時間にフォーカスしてお金が無くても幸せなんだよと自分を納得させ、現実逃避してしまいがちではないでしょうか?

 

生活において大事なもの(お金)を得るからこそ、人生において大事なもの(時間)が手に入る。

 

だからとにかく生活を潤わすことに傾注しないと人生は好転しないんです。

 

拝金主義になれとは言わないけど、現実を直視しないと好きなことをする時間すら無くなる。

 

お金から生まれる時間が自分を幸せにしてくれるんです。

 

職場からもらうお金は決まってるんだから、自分で稼ぐ力を身に付けないと、一向に人生はうまくいかない。——————————————————————–

Webを使ったビジネスを知りたい方はLINEに【Webビジネスを知りたい】とLINEにメッセージをどうぞ。Webを使ったビジネスとはなんなのか?を無料でお教えします。

 

連絡を頂ければ、特典として200個以上(100万円相当)のビジネスで成果を上げるためのレポート集をプレゼントします。

 

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

https://lin.ee/j95dMcP

LINEアイコン

 

結局腹が据わってない

コンテンツマーケがいいよ、好きなことだって仕事に出来るよ、広告使ったほうが効果覿面だよ、自分がやろうと思ったことは何でも出来るんだよ。

 

僕はそういった事をこのブログでよく伝えてるんだけれど、

 

そうは言われても行動に移せないのは何故なのか?

 

タイトルにしたように、やっぱり腹が据わってないから。

 

腹が据わってないから目移りして、ほったらかしで100万円!とか、変な投資案件なんかに気持ちが傾く。

 

ほったらかしでお金が生まれることなんてないし、投資はかけた金額に見合った額しか取り戻せないんです。

 

つまり

 

自分でビジネスをしようが、投資をしようが、腹が据わってないと望んだ結果は生まれない。

 

自分は○○になる!と決めたなら、腹を据えてとことんやりきる。

 

とことんやりきるから、理屈もノウハウも関係なく必ず成功する。

 

理屈もノウハウも最低限で十分。

——————————————————————–

Webを使ったビジネスを知りたい方はLINEに【Webビジネスを知りたい】とLINEにメッセージをどうぞ。Webを使ったビジネスとはなんなのか?を無料でお教えします。

 

連絡を頂ければ、特典として200個以上(100万円相当)のビジネスで成果を上げるためのレポート集をプレゼントします。

 

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

https://lin.ee/j95dMcP

LINEアイコン

 

幸せな仕事とは【支配】である

経済成長と幸福度は全く関係がないのはもう何十年も前に分かっていることで、お金が沢山あるとか便利になったとか、そういうことで幸福度が上がることはない。

 

幸福度を上げるためには【支配】しなければいけません。

 

んで、なにを支配するかというと、自分の仕事。

 

仕事って生活もかかってるし、しなきゃいけないものだから、体にムチ売ってでも、無理難題を押し付けられても、無理矢理中断させられても、いくら理不尽と思っててもやらなきゃいけない。だから常にストレスがかかります。

 

逆に

 

自分の意見が反映されたり、自分で仕事の良し悪しを決めれたり、自分で考えてあーでもないこーでもないと色々と試しながら進める仕事。つまり全てのタスクを自分で支配できると、ストレスってないんです。

 

でもそんな仕事あるわけないだろ!と思うかも知れないけど、

 

今こうしてこの記事を読んでいるあなたがいるということが「そんな仕事」をしている人がいるという証明なんです。

 

ブログでも、YouTubeでも、Facebook、Instagram、Twitterでも、どんどん自分らしい仕事をする場は増えてます。

 

最近お伝えしてるとおり戦略次第でいくらでも使いようはある。

 

——————————————————————–

Webを使ったビジネスを知りたい方はLINEに【Webビジネスを知りたい】とLINEにメッセージをどうぞ。Webを使ったビジネスとはなんなのか?を無料でお教えします。

 

連絡を頂ければ、特典として200個以上(100万円相当)のビジネスで成果を上げるためのレポート集をプレゼントします。

 

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

https://lin.ee/j95dMcP

LINEアイコン

 

腹の底で思ってることは大体分かってる

やりたい事とかはいくら考えても無いんだけど、生活に潤いもないし、ギリギリだからお金を稼ぐ方法が知りたい。それもタダで知りたい。もしタダが無理なら稼いだ後にお金を払います。だって稼げるんですよね?

 

おおかたこんな考えを持ってるんでしょうけど、

 

そもそも潤いのない生活だったりギリギリの生活をしてる時点で今までのマインドも選択肢も間違ってたということだし、必要なものが手に入れば思い通りの結果が手に入るっていう勘違いが今の状態であるということに気づいてない人が、人からお金をもらって収益を上げる事は出来ません。

 

その証拠にアレコレ手を付けても成功しないし、出来ないことはマニュアルや何かのせいにする人が大半です。

 

今までの生活を変えるなら今までと同じ感覚や考えを捨てないと変わることなんて出来ないし、全ての責任を自分で負う気持ちがないと100円すら稼ぐことができない。

 

こういった人を「マインドが低い」といいます。

 

この記事を読んでいる方はマインドが低い人ではないという前提で、ここからお話をします。

 

ビジネスっていうのはある程度の正解が決まってます。

 

たとえば、自分の周りにあるものなら何でも売れる。石ころでも、箸でも、鉛筆でも、なんでも。

 

ただ、先日お話ししたように何をするか?ではなくて、どう流れを作るかが大事。

 

アフィリでも転売でも情報発信でも何でもいいから、どうやって自分らしく形を作るか?

 

これがしっかり出来るからこそ成果が出るし。長続きするし、応用も利かせられる。

 

自分らしいビジネスの形はなんなのか?

 

それを見つけていくのが僕の仕事でもある。

 

Webを使ったビジネスを知りたい方はLINEに【Webビジネスを知りたい】とLINEにメッセージをどうぞ。無料でWebを使ったビジネスをレクチャーします。

——————————————————————–

LINEに連絡を頂ければ、特典として200個以上(100万円相当)のビジネスで成果を上げるためのレポートをプレゼントします。

 

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

https://lin.ee/j95dMcP

LINEアイコン

 

 

攻めと待ちの使い方

ホームページ、ECサイト、ブログ、SNS、広告

 

どれを使うかは自由だし、やりたいことからやればいいと思うんだけど。

 

「攻め」と「待ち」を上手に使いましょうね。というお話。

 

「待ち」というのは、ブログ、ホームページ、ECサイトなど、相手の行動があって目に触れるもの

 

「攻め」というのは、SNS、広告など自分の行動があって相手の目に触れるもの

 

んで、「まずは目を惹くホームページ作ります!」「まずはブログ立ち上げます!」って人よくいるんですけど、それを作ったから必要な人が必ず見てくれるってことは100%なくて、そこから売りが立つことも100%ないんです。

 

ホームページもブログも「待ちの媒体」だから。

 

待ち媒体を作るなら、必ずSNSや広告など「攻めの媒体」を絡ませないと売りが立ちません。

 

かといって攻めの媒体だけに力を注いで待ちの媒体を疎かにすると、これもまた売りが立たない

 

たとえばSNSとかであるあるの、いいねしたり、コメントに回る行為。あれ自体は別に悪いことでも何でもないけど、大事なのはいいねした人やコメントした人に、どんな行動をとってほしいか?を逆算して考えて、どんな待ちの媒体を作っているのかが肝になってくる。ということです。

 

つまり

 

待ちの媒体の充実を図り、戦略的に攻めの媒体を使う。

 

これが売りを立てるセオリーになります。

 

もしいま何の成果も上げれず困っている、何をすればいいのか分からない、という方は

 

待ちの媒体は育っているのか?攻めの媒体の使い方を変えてみる、などノウハウではなく戦略的な部分にフォーカスすると

 

ノウハウを身に付けるより簡単で応用が効くから、意外とすんなり結果が出る。

 

ノウハウよりも「待ち」と「攻め」の流れが大事。

 

Webを使ったビジネスを知りたい方はLINEに【Webビジネスを知りたい】とLINEにメッセージをどうぞ。無料でWebを使ったビジネスをレクチャーします。

——————————————————————–

LINEに連絡を頂ければ、特典として200個以上(100万円相当)のビジネスで成果を上げるためのレポートをプレゼントします。

 

メッセージはコチラのバナーをタップ⬇️

https://lin.ee/j95dMcP

LINEアイコン